光脱毛のメリットデメリット

女性にとって日頃からのムダ毛の脱毛は非常に大切な美容ケアの一環と言うべきもの。ですが仕事や家事でなかなかゆっくりした時間の取れない人も多く、それらの中には自己処理に徹するよりは美容クリニックやエステサロンで効率的に処理してしまいたいと感じている人も少なくありません。

クリニックやエステで受けられる脱毛施術には数多くのものがありますが、中でも人気の施術のひとつが光脱毛です。これは特殊な装置を使って部位へと照射することで、皮膚の内部に埋もれた毛根の黒いメラニン色素と強く反応し、その温度が急激に上昇することでパチッという音と共に乳母細胞を破壊。それによって効率の良い脱毛効果が得られるのです。

この施術では特に背中や脚などの広い部位に対してレーザーよりももっと効率良く照射していけることもあって、施術のスピードの面で大きなメリットがあると言えるでしょう。それに全ての均等に照射されるので、ムラのない仕上がりが手に入る点も確かなメリットです。

対して、毛根のメラニン色素と反応させる仕組みなだけに、たとえば肌の日焼けや黒ずみ、ほくろやアザといった状態があると、これらの肌に熱が集中しないように出力を弱めて臨まねばならなくなってしまいます。逆に色素の薄い産毛状のムダ毛が多い場合には機器がメラニンを認識することが難しく、うまく照射できない状態が生まれます。この点もデメリットと言えるでしょう。