レーザー脱毛のメリットデメリット

女性にとって日頃の脱毛ケアはとても大切な美容ケアと言えるでしょう。特に春から夏にかけて露出の高いファッションを好んで着る人や、プールや海で水着姿を披露する予定のある人にとっては特に入念な処理が必要となることは言うまでもありません。

これらの脱毛にあたって人気なのがエステサロンや美容クリニックで受けられるレーザー脱毛。これは脱毛したい部位に照射することで皮膚の内部に埋もれた毛根に含まれたメラニン色素と反応して乳母細胞を破壊してくれます。こうしてムダ毛は発毛、育毛力を失い、そのまま毛穴からスルスルと抜け落ちていくことになるのです。

この施術のメリットとしてはまず第一に安全性が高いことが挙げられます。そして人の手を介した施術に比べて一度にある程度の範囲に向けて照射できるので、その分、作業の効率が良いというメリットもあります。さらに、痛みの面でも最近はかなり抑えられていて、利用者に取ってもかなり受けやすくなっていることは間違いありません。
対するデメリットとしては、メラニン色素に向けて照射する施術なので、皮膚の日焼け、黒ずみ、シミ、ほくろなどにも反応してしまうということが挙げられます。それゆえ、これらの肌コンディションのある人にとっては出力を思うように上げられないジレンマが生じるのです。また、逆に色素の薄い産毛タイプのムダ毛を処理するのにも巧くメラニンを識別できず、思うように脱毛効果が上がらないという特徴があります。