彼女のムダ毛、どこまで許せますか?

男性にとって自分の彼女はいつでも常に美しくあってほしいものです。

その点、付き合い始めたばっかりの時には彼女の側もしっかりとオシャレやメークや美容ケアなどもしっかりと行って、外見をバッチリと決めてくるものですが、それでも付き合い始めてしばらくするとふたりの関係は恋人からパートナーという側へとシフトしていき、互いの少しの緩みもだんだんと気にならなくなっていってしまいます。むしろそういったところを許容し合うことで絆はより固く、そして深いものになるのでしょう。

とは言ってもその程度にも限度があります。それがとくに顕著に現れるのがムダ毛のあり方でしょう。男性にとって、彼女の腕や指、それに脚などにちょっぴり処理し忘れたところを見かける分にはまだ許容範囲であったとしても、処理し忘れた脇毛などがついつい目に入ってしまうと、ちょっとグロテスクに思えてしまうもの。それがきっかけで百年の恋もすっかり冷めてしまったかのような状態に陥りかねません。

また恋人どうしであればやはり互いに愛し合うシーンが訪れます。そういった時に、自分からは死角となっているお尻の部分に毛が生えていたりしてしまうと、やはりせっかくのロマンティックなムードがちょっとゲンナリと損なわれてしまうものです。

あまりに厳し過ぎるのもいけませんが、そういった部分も自然と気を配りあえる関係性が望ましいと言えるでしょう。